プラセンタサプリの種類

 最近、美容効果やアンチエイジング効果など何かと注目を集めているプラセンタですが、サプリメントとして販売されているものには様々な種類があります。

ドリンクと錠タイプ

 プラセンタサプリには"ドリンクタイプ"と"錠剤タイプ"の2種類があります。錠剤があることでも分かるようにプラセンタドリンクには"独特のニオイや味"があります。プラセンタドリンクはお世辞にも美味しいとはいえないですが、吸収する上では美容ドリンクの方がメリットも高いという特長を持っています。  美容の為にもがんばって飲み続けたいという意思のある方はプラセンタドリンクを、我慢せず長続きさせたいという方はプラセンタ錠をというように目的に応じてプラセンタを摂取する種類をかえるというのも大切な選択なのです。

原料の種類

 プラセンタには原料による種類の違いもあります。
 一般的には動物性と植物性という種類の違いがあります。"動物性のプラセンタ"は胎盤をもつ動物を原料として使用しており、一般的に市販されているプラセンタというとこの動物性の種類のものを指しています。一方、植物性由来のものは胎盤に近い植物性の成分を配合したもので正確にはプラセンタとは異なります。

しかし、植物性プラセンタとは"動物性に近い植物性成分"を複数配合させた商品であり、動物性のものと同じような効果を持っています。植物性と動物性の大きな違いは"成長因子は動物性プラセンタにしか含まれていない"という点にあります。効果という点でみると、動物性プラセンタの方がより効果が高いということがいわれていますが、この理由は動物性の商品に含有される成長因子によるものです。

植物性プラセンタとは?

 プラセンタは胎盤であるとうことから、通常胎盤を持つ"動物性"のもです。植物性プラセンタとは"動物性プラセンタに近い植物性成分"を複数配合させた商品であり、動物性プラセンタと同じような効果を持っています。植物性プラセンタと動物性プラセンタの大きな違いは"成長因子は動物性プラセンタにしか含まれていない"という点であり、動物性プラセンタの効果がより高いという理由には動物性プラセンタに含有される成長因子によるものです。