プラセンタに副作用はある?

 効果の高い成分を含むサプリメントには少なからず副作用がある傾向もあります。
美容やアンチエイジングに効果の高いプラセンタにはどのような副作用があるのでしょうか?

プラセンタには副作用が少ない

 プラセンタの副作用について、それほど気にする必要はありません。というのも医薬品としても使用されており"プラセンタ注射"という治療もあるほど安全性の高いものです。注射として使用できるということからも、一般的にサプリメントや化粧品などで使用されるものに関しても危険性は少なく、副作用についても心配することはありません。

副作用ではないプラセンタの効果

 プラセンタの副作用的な効果として"生理が早まる""生理時の出血が多くなる"などの効果がありますが、これは新陳代謝が活発になった影響や生理不順を改善作用の影響であることからも副作用ではなく効果と考えてよいでしょう。

プラセンタを使用する上で注意が必要な場合

 プラセンタを使用した化粧品やサプリメントに関しては敏感に副作用を気にする必要は無いのですが、注射を受けるには多少の注意が必要です。プラセンタ注射をした際には、献血する際の制限を受ける可能性があります。

 これは理論上の可能性として、クロイツフェルト・ヤコブ病の伝播に関して、輸血での伝播が疑われている報告があるためです。あくまで可能性を排除できないということですが、日常的に献血をされている方は、詳細を日本赤十字や注射を受ける際のクリニックなどで事前にご確認ください。

 基本的に注射は"医療行為"であることから医師の指導の下に施術されることから心配は無いのですが、様々な医療行為同様に医師の説明を聞き自分が納得できる場合にのみプラセンタ注射を利用するようにしましょう。