プラセンタの原料とは?

プラセンタは"胎盤"を示す言葉であることから、原料は基本的に胎盤を使用しています。
使用されている原料の種類の違いによって効果などにも違いがあります。

【動物性プラセンタ】

〜豚の胎盤を原料〜

 サプリメントやドリンクなどの一般的なプランセンタ商品は豚の胎盤を使用しています。豚の胎盤を原料を利用している商品は非常に一般的なものです。特に豚を原料としているものは比較的、安い価格で販売されています。豚プラセンタであっても美容やアンチエイジングに有効な"成長因子"は含まれている事から十分な効果を期待できます。

〜馬の胎盤を原料〜

 動物性プラセンタで現在注目されているのが、馬の胎盤を原料とした商品です。一般的な豚由来の商品に比べ、馬の胎盤を原料としたものはアミノ酸含有量が高く美容に効果的です。馬を原料としているものは豚に比べ生産量も少ないことから、価格が高い傾向にあります。

〜ヒトの胎盤を原料〜

 ヒト胎盤を原料としたプラセンタは医療用に限り存在します。ヒトの胎盤を原料としていると少し怖く聞こえてしまいますが、医療用に作られているということから安全性は補償されています。医療用ということもあり高いという特徴があります。

【植物性プラセンタ】

 植物性のものは正確にはプラセンタ(胎盤)ではありません。というのも、プラセンタは胎生の動物である哺乳類などがもつ器官であり、植物は胎盤を持っていないという理由からです。植物性のものは動物性のものに近い働きのある植物由来の成分を原料としています。効果の面からみても、動物性の商品に近いものがあります。